お問い合わせ

Polysync

polysync 自動走行向けミドルウェア開発プラットフォーム

ADAS及び自動走行開発に適した再現性及び応答性の高いデータキャプチャミドルウェア

Polysycn COREは自動走行アプリケーションにおいて、共通のミドルウェアとソフトウェアAPIで構成されたプラットフォームです。Polysync COREは、アプリケーション層より下位層であるオペレーティングシステム(OS)とハードウェアを分離することで自動走行アプリケーション開発において高い移植性を提供することで、お客様が必要なアプリケーション開発に注力できるプラットフォームになります。

特徴01

CoreとROSの使用で、スマート且つ高速な作業が可能

特徴02

ROSブリッジによりCOREのコミュニケーション層へアクセス可能

特徴03

タイミング同期、データ蓄積と再生の並行処理、センサの構成管理、豊富なセンサドライバによりROSワークフローの簡素化且つ高速化を実現

特徴04

バックエンドの複雑な処理はCore 2.0にお任せで、お客様は重要なアプリケーション開発のみに注力

安全な自動走行には精度の高いデータが必要になります。

精度の高いデータの時間同期が、機械学習のトレーニングにおいて必要不可欠になっており、Polysync COREは、PTP(Precision Time Protocol)とDDSを使用することで、高い再現性及び応答性が要求される自動走行向けアプリケーションが開発できます。

対応ハードウェア

詳細については、Core Docsをご覧ください。

Platforms

COMPUTE HARDWARE
  • Intel x86 64-bit
  • NVIDIA DRIVE PX 2

OPERATING SYSTEMS
  • Linux Ubuntu 14.04
  • Linux Ubuntu 16.04
Sensors and Interfaces

RADAR
  • Autoliv MMR 77Ghz
  • Autoliv SRR C6
  • Continental ARS 308
  • Delphi ESR 2.5
  • Delphi ESR 9.21.21
  • Delphi ESR 2.5 Ethernet
  • Delphi RSDS/SRR
  • Preco Gen 3

LIDAR
  • ibeo LUX 4L
  • ibeo Feature Fusion for LUX
  • ibeo LUX HD
  • ibeo ScaLa
  • Leddar-M16
  • Quanergy M8
  • Velodyne VLP-16 (Puck)
  • Velodyne HDL-32E

GPS/IMU
  • Novatel OEM6
  • OxTS RT3000 Series
  • Phidget Spatial
  • VectorNav VN-300
  • Xsens MTi-G-700 Series
  • Swift Navigation Piksi Multi

CAN INTERFACE
  • CAN Reader
  • Model S
  • OBD-II Generic 8

VIDEO
  • Generic Video Device/Webcam
  • MobilEye 560
  • FLIR / Point Grey GigE

ULTRASONIC
  • Neobotix USBoard
  • Panasonic US24

VEHICLE INTERFACES
  • DriveKit
  • OSCC
  • Dataspeed MKZ DBW

ZONE
  • Leddar Vu8

OTHER
  • SainSmart 16 Channel Controller
  • Synchronization Trigger

ご質問やご相談などお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP